Top > 注目 > 新築時は土地と建物の双方に価値がある

新築時は土地と建物の双方に価値がある

譲渡所得というのは、資産を譲渡(売却)したことで得た所得のことです。

 

居宅を売却することにより得たお金も譲渡所得に該当します。

 

譲渡所得もほかの収入と同様、所得税と住民税がかかりますが、給料や配当などの所得とは分けて単独で税額を算出します。

 

一般に不労所得の税率は高いと言われますが、譲渡所得の場合、所有した期間が5年を超えた物件だとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。

 

自宅の売却を検討中でしたら、所有期間と税率について理解した上で売却すれば税金がかなり節約できます。

 

不動産売却でウェブの一括査定サービスを使わないのはもったいないです。

 

どうしてかと言うと、最初から一社だけの査定しかとらないと、どのくらいが相場なのかを知らずに安価で物件を売却してしまう恐れがあるからです。

 

ですから、一括査定サービスを活用して査定額を複数の業者間で比較して、サービス内容が最も希望に合う業者に連絡してみるのが効率がいいですよ。

 

当たり前だと言われるかもしれませんが、該当物件の所有者の許可がないと、住宅を売買することはできないです。

 

もし複数名義での所有になっているのであれば、すべての人が売却に同意していなければなりません。

 

すでに亡くなった人が所有していた不動産については、肝心の同意が得られないのですから、現状売却不可ということになります。

 

まず名義を相続人の方に変更し、そのあと全員の許可を貰ってようやく売却が可能になります。

 

「任意売却」とは、残っている住宅ローンが売買価格を上回ることが予想される不動産物件を売却する時に使用される呼び名で、省略して任売という呼び方もあります。

 

任意売却をしたら、重くのしかかっていた住宅ローンの残りの額が減り、無理をしなくても返すことが可能になるはずです。

 

ただし、とても専門的で難しい交渉が要求されるため、弁護士、または、司法書士などに依頼するのが一般的でしょう。

 

マンションなり戸建なりを売却する際は、複数の不動産業者にあらかじめ現状査定を依頼するものですが、建物の古さ(築年数)はかなり評価額に影響します。

 

よほど希少性が高いとか人気地区ならいざ知らず、住宅の価格は築後10年を経過すると著しく低下します。

 

新築時は土地と建物の双方に価値があるのが一戸建てですが、築年数が上がれば極端な話、建物の評価額はゼロで、ほとんど土地の値段だけというありさまにもなるのです。

家族にバレずにお金を借りるカードローン

注目

関連エントリー
室内清掃は普段より念入りに新築時は土地と建物の双方に価値がある高い賠償を払って償いの生活を送る羽目にワンダーコア事故に関すること子供用の歯磨き粉というのもフラッシュモブを依頼できる所